Publications

査読付き論文一覧

論文名 年月日 発表雑誌または発表学会の名称など
 1 3次元陰影画像を用いた景観認知による可視化モデルの構築 2004年12月 日本建築学会技術報告集,第20号,pp359-362,2004.12,日本建築学会
(根來宏典,柏原創,蝶名林秀明,山田悟史,大内宏友)
2 Study on Environmental Recognition of Super High-rise Housing Residents 2005年11月 Journal of Asian Architecture and Building Engineering,Vol.4, No.2,pp407-413,2005.11, Architectural Institute of Japan
(山田悟史,三沢浩二,根来宏典,大内宏友)
3 歴史的都市の鎌倉における地域住民による景観認知に関する研究-3D画像の可視化モデルを用いた鎌倉らしい景観 2005年11月 環境情報科学論文集,第19号,pp.205-210,2005.11,環境情報科学センター
(山田悟史,坂口浩一,渥美智英,松原三人,大内宏友)
4 3D可視化モデルを用いた鎌倉地区住民の景観認知の構成について 2005年12月 第28回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査)pp.31-36,2005.12,日本建築学会
(山田悟史,渥美智英,大内宏友)
5 歴史的都市の鎌倉における物理的環境変化に対する地域住民の景観認知について 2005年12月 環境情報科学論文集,第20号,pp.277-282,2005.11,環境情報科学センター
(山田悟史,坂口浩一,渥美智英,松原三人,大内宏友)
6 地理情報システムによる感染症の伝播特性に関する研究-SARS伝播抑制のメカニズム解析- 2006年12月 第29回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp.91-96,2006.12,日本建築学会
 (佐藤充,山田悟史,大内宏友)
7 WebGIS・GPSを用いた救急施設と医療施設との複合化の適性配置による圏域的指標の構築 2006年12月 第29回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp.97-102,2006.12,日本建築学会
(菊地秀和,田島誠,山田悟史,大内宏友)
8 超高層住宅の集住体における居住者の環境認知に関する研究 2008年3月 日本建築学会計画系論文集 第73巻,第630号,pp.1749-1757,2008.8,日本建築学会
(山田悟史,大内宏友)
9  Study on Landscape Recognition that Uses Image Processing Technology by Local Inhabitants in Kamakura. 2009年5月 Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.8/No.1, pp.151-158,2009.5, Architectural Institute of Japan
(山田悟史,新谷伸高,大内宏友)
10 Study on Changes in Ancient City Agoras Using Fractal Analysis -Using Shaded Image to Describe the Formation of Agora in 300B.C.,150B.C.,and100A.D.- 2011年11月 Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.10/No.2, pp.359-366,2011.11, Architectural Institute of Japan
(大内宏友,山田悟史,木村敏弘,大内節子,松原三人)
11 建物の可視窓面積の計量による小学校の自然監視性の評価手法 2011年12月 第34回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp.19-24,2011.12,日本建築学会
(藤井健史,山田悟史,窪園翔治,及川清昭,宗本晋作)
12 小学校の自然監視性の評価手法-CGモデルによる窓の立体的な可視量の計量方法とその応用可能性- 2011年12月 日本建築学会計画系論文集 第77巻,第676号, pp.1309-1318,2011.12,日本建築学会
(藤井健史,山田悟史,窪園翔治,宗本晋作,及川清昭)
13 公営・改良住宅の実態調査にもとづく類型特性に関する研究 2012年6月 日本建築学会計画系論文集 第77巻,第680号, pp.2415-2422,20011.6,日本建築学会
(石井政雄,山田悟史,大内宏友)
14 ドクターヘリ運用効果の可視化に関する研究(1) -医療行為開始時間と人口を用いた検証- 2012年12月 第35回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp.55-60,2012.12,日本建築学会
(吉川優矢,大山智基,山田悟史,大内宏友,及川清昭)
15 ドクターヘリ運用効果の可視化に関する研究(2)-ドクターヘリ基地病院の適正配置- 2012年12月 第35回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp.61-66,2012.12,日本建築学会
(大山智基,吉川優矢,山田悟史,大内宏友)
16 小学校の自然監視性の評価手法に関する研究 -可視頻度値と視認実験を用いた空間の視認性の定量化- 2012年12月 第35回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp.67-73,2012.12,日本建築学会
(窪園翔治,藤井健史,山田悟史)
17 CG モデルによる全方位緑視率の計量手法とその応用可能性 2013年10月 日本建築学会技術報告論文集,第19巻,第43号,pp.1067-1072,2013.10,日本建築学会
(藤井健史,山田悟史,廣瀬徳郎,及川清昭)
18 ドクターヘリ運用効果の可視化と関連施設の配置計画に関する研究-医療行為開始までの短縮時間と救命率の向上率及び人口を用いた検証- 2013年10月 日本建築学会計画系論文集,第78巻,第692号,pp.2163-2172,2013.10,日本建築学会
(山田悟史,吉川優矢,大山智基,大内宏友,及川清昭)
19 ドクターヘリ及びドクターカー運用効果の可視化に関する研究-短縮時間・救命率向上率と人口を用いた運用効果の検証- 2013年12月 第36回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp.109-114,2013.12,日本建築学会
(大山智基,吉川優矢,山田悟史,大内宏友,及川清昭)
20 衛星写真の画像処理とGISを用いた津波被害の推計手法に関する研究 -被災家屋数と被災者数の推計の迅速化- 2013年12月 第36回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp.115-120,2013.12,日本建築学会
(窪園翔治,山田悟史)
21 Typological Characteristics of Small Rural Cities 2014年5月 Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.13/No.2, pp.405-412,2014.5, Architectural Institute of Japan
(石井政雄,山田悟史,黒岩孝,松原三人,大内宏友)
22 ベイジアンネットワークを用いた海の見え方に対する印象評価に基づく街路空間の確率モデルに関する研究-宮古市鍬ヶ崎地区を対象として- 2014年7月 歴史都市防災論文集(論文部門),Vol.8, pp.217-222,2014.7, 歴史都市防災研究所
(酒谷駿一,宗本晋作,山田悟史)
23 自己組織化マップによる空間要素の可視化分析を用いた京都市伝統的建造物保存地区の通りの分類法に関する研究 2014年7月 歴史都市防災論文集(論文部門),Vol.8, pp.223-228,2014.7, 歴史都市防災研究所
(松井宏,宗本晋作,山田悟史)
24  ベイジアンネットワークを用いた緑視率を指標とした緑環境評価の確率モデルに関する研究-京都市の景観を対象として- 2014年12月 第37回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp55-60,2014.12,日本建築学会
(宗本晋作,山田悟史)
25 GISを用いた津波避難計画における避難時間の可視化と関連施設の配置計画に関する研究 2014年12月 第37回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集:論文(本論審査),pp91-96,2014.12,日本建築学会
(山田悟史,吉川優矢,大山智基,宗本晋作)
26 自己組織化マップによる空間要素の可視化分析を用いた通りの印象評価推定法に関する研究 2015年2月 日本建築学会計画系論文集,第80巻,第708号,pp331-339,2015.2,日本建築学会
(宗本晋作,山田悟史)
27 津波被害を受けた集落における居住者の環境認知に関する研究 : 岩手県宮古市鍬ヶ崎を対象として 2015年7月 歴史都市防災論文集,Vol.9(論文部門),pp167-174, 2015.7,歴史都市防災研究所
(岩瀬功樹,北本英里子,宗本晋作,山田悟史)
28 神戸の震災による環境変化に対する地域住民の景観認知について 2016年2月 日本建築学会計画系論文集,第81巻,第720号,pp.357-367,2016.2,日本建築学会
(北本英里子,山田悟史,宗本晋作,大内宏友,及川清昭)
29 全方位緑視率を用いた緑地環境に対する印象評価推定モデル作成と検証- 全方位緑視率と印象評価実験をもとにした自己組織化マップを用いて- 2016年9月 日本建築学会計画系論文集,第81巻,第727号,pp.2083-2093,2016.9,日本建築学会
(山田悟史,藤井健史,宗本晋作)
30 ベイジアンネットワークを用いた緑視率に基づく緑環境評価の確率モデルに関する研究 2016年12月 日本建築学会計画系論文集,第81巻,第729号, pp.2411-2419,2016.11,日本建築学会
(宗本晋作,山田悟史)
31 ドクターヘリ及びドクターカー関連施設の配置計画に関する研究- 運用効果の算出による基地病院及びランデブーポイント追加の検証- 2016年12月 日本建築学会計画系論文集,第81巻,第730号, pp.2775-2785,2016.12,日本建築学会
(山田悟史,大内宏友,及川清昭)
32 GIS を用いた木造密集市街地における袋路の避難経路の抽出方法に関する研究 2017年7月 歴史都市防災論文集,Vol.11(論文部門),pp143-150, 2017.7,歴史都市防災研究所
(雪谷亮太,宗本晋作,山田悟史,北本英里子)
 33 帰宅困難者数と未収容者の推計と避難施設の適正配置に関する研究 -京阪神都市圏外を含めた京都市への来訪者を対象として- 2017年7月 歴史都市防災論文集,Vol.11(論文部門),pp191-198, 2017.7,歴史都市防災研究所
(北本英里子,山田悟史,及川清昭)
34 松山城における非合理的避難の割合と被害の推移に関する研究−マルチエージェントを用いた避難シミュレーション−  2018年07月 歴史都市防災論文集,Vol.12(論文部門),pp107-112, 2018.7,歴史都市防災研究所
 (中島昌暉,山田悟史)
35 超高層住宅の集住体における住戸の立地及び居住階の環境認知による実態圏域の形成について-   2018年09月 日本建築学会 計画系論文集,第83巻,第751号,pp1737-1746,2018.9,日本建築学会
(宋士淳,大内宏友,木村敏浩,山田悟史)
 36  没入型仮想空間における空間知覚の研究-パーソナルスペースの検討を想定した距離の知覚と心理評価を対象として-   2018年10月 日本建築学会 技術報告論文集,第58号,pp1303-pp1307,2018.10,日本建築学会
 (山田悟史,北本英里子,神長伸之,及川清昭)

 

査読なし原稿の中で紹介したいもの,頑張ったもの(準備中)

  • 2017年度4年生の情報シンポでの発表
    • 地方町村における高齢者の食生活に関する主観的評価と都市の構成要素の関係
      (清水淳平・北本英里子・石井政雄・山田悟史)
    • 歴史的建造物における非合理的避難の割合と被害の推移に関する研究 -松山城を対象としたマルチエージェントシミュレーションを用いて-
      (中島昌暉・山田悟史・佐野友紀)
    • Deep Learningを用いた街並み画像の分類と感性評価の推定
      (高橋秀彬・山田悟史)