成果物_BIM 総合演習の「統計的デザイン意思決定からのジャンプ」

BIM総合演習 立命館 大学 建築都市デザイン学科 建築情報学 系授業 3回生前期(2019)


BIM 総合演習の課題 D「統計的デザイン意思決定からのジャンプ」の提出物の一部を紹介します。
(個別コメントなし画像のベタ貼りで,順不同ですが,,,)

課題の概要はこちら,意図はこちら(かなり長い)


全体メッセージ(講評会がないのでこちらにて)

まずは受講してくれてありがとう。

「意図はあれど,意味があるような無いような課題」に今年も前向きに取り組んでくれた,という印象です。
デザイン・使いこなし・完成度等については多くのやり残しがあることは自覚していると思います。そうだとしてもそれぞれ頑張ってくれたと思っています。

初めての取り組みは最初では花が咲きづらいものです。何となく分かった2回目・3回目での自己肯定感の獲得を目指してください。

この課題に限らず,授業全体として取り組みの主体性が少し高くなったような気がします。単位取得戦略上は余り効率的とは言えない授業な上に,デザイン演習以外の授業群の中では負荷が高めにも関わらず。。。
昨今の建築情報学への着目の高まりの良い影響でしょうか。これはとても嬉しいことで,大切な事です。

何故なら,日々の目の前の成績(評価)よりも成長実感が重要だからです。
つまり,目の前の仕事を最短経路・最も効率的な手段で片づけることよりも,成長を強く意識して取り組み方を自ら決めて学習することが重要だからです(授業中にも伝えましたが)。

この授業の成長実感はどうでしたでしょう?

手ごたえがあるような,無いような感触,散らかっている状態でしょうか。ただある意味当然です。プロでも試行錯誤の段階ですからね。技術をデザインに結実させることは操作と同等以上に大変なのです。

建築情報学に総合的に取り組んだからこそ,ある程度の技能を身に付けたからこそ,技術をデザインに結実させることの難しさ,トレンドとも言える建築情報学との向き合い方がそれぞれの体感として分かったかと思います。

総合的に建築情報学を学んで貰えるように意識して授業を行いましたが,可能性のある技術や事例はまだまだ沢山あり,そして日々生み出されています。
広がりが大きすぎる,速度が早すぎる,目移りしちゃう(*’ω’*),と感じることもありますが,将来のことなので可能性も巨大です。
建築情報学 でいえば,CG/BIM/VR/AR/MR/IoT/AI/SIMULATION/etc,でしょうか。

建築情報学に限らず,ぜひ,「技術とデザインの相乗効果」を積極的に意識して今後も学習に取り組んでください!
「そう結実したか!」と驚かせてくれるような作品・技術を生み出してくれることをとてもともて期待しています。

15週間,お疲れ様でした<m(__)m>
少人数のお陰で授業中のコミュニケーションもできて,皆さんのおかげで楽しく授業ができました(名前も覚えました,何となく,だいたい)。

この授業で学んだことの全部とは言わなくても,一部の技能・考え方を今後に活かして貰えれば嬉しいです。

デザインに限りません。
技術そのものに興味を持って,高い意欲で技術に関する卒業研究に進んでくれても同じく嬉しいです。

 

成果物_BIM 総合演習の「統計的デザイン意思決定からのジャンプ」” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。