乱数の制御とデザイン発想

乱数の制御とデザイン発想

乱数の確率分布を制御することで,分布間で異なる特性の度合い・形状を通じて意図を曖昧にデザインに投影できる例。
(秩序ある乱数/秩序ある自然さ/意図をもった不自然/意図をもった乱雑さや不揃い)
CAD/CG演習の授業題材であり,建築情報学会 Session Vol.6 (1/2)で少し紹介した内容です。

◇ 点の2次元配置

2次元座標をそれぞれの分布から生成

一様分布

正規分布

ベータ分布

ガンマ分布

ガンマ分布改

◇ 生成点を母点にボロノイ分割

一様分布

正規分布

ベータ分布

ガンマ分布

ガンマ分布改

◇ 圏域面積を参照して高さを与える

一様分布

正規分布

ベータ分布

ガンマ分布

ガンマ分布改

取り急ぎ画像を並べただけで終了。授業などに使える機会を作って説明やコードを追記します(2021/08/28)

乱数の制御とデザイン発想” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。