紙と鉛筆で作って理解する深層学習の基礎(単層パーセプトロン)

建築情報 研究室 では,建築情報学 の取り組みの一環として,Deep Learningを使ったAIの建築都市デザイン分野の適用に取り組んでいます。
授業+レクチャー会用のワークシートを紹介します。


  • 頻繁にコード化されている単層パーセプトロンをまさに手作りする。授業のコードは完全にこれ
  • 上記はちょっと大変なので改良版。つまり同じ回路を作るパーセプトロンでも収束が早い。
    このような感じでより高度・効率的な学習構造が研究されている。これはとてつもなく単純な例だけど。

PDFはこちら

とってもシンプルな原理ですね!
多層も構造が難解になることはありますが原理は同じ。こんなシンプルな原理の組み合わせが複雑な事象を表現する,ということが本当にスゴーイですね!

見たら分かるように作ったつもりです!
もしお気づきがありましたメールかSNSでご教示m(__)m

紙と鉛筆で作って理解する深層学習の基礎(単層パーセプトロン)” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。